落ち込み女がはまった本たち

アクセスカウンタ

zoom RSS 科学真理教――ホメオパシー問題で思ったこと (オマケ)

<<   作成日時 : 2010/11/24 10:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

(その1)
(その2)

その2の最後に、科学に親しみを持ってもらうための演出によって培われた、私が持っていた変な考えを説明しました。

一般向けの科学情報については、その演出以外にも日頃感じる疑問があるのでついでにあげておきます。


・科学館のイベントとか、なんで子供向きばっかなの? 科学は子供だましなの?
 子供のうちに科学的才能のある子を選んでしまったら、残りの人はいらないんでしょうね、きっと。
 と、ひがみっぽい私が思ってしまわないように、あんまり子供限定しないでほしい…

・宇宙とか人体とかいろいろ、世界観にかかわるものは人気コンテンツだけど、得られたイメージを伝えることだけに熱心になりがちで宗教がかって見える。
 その世界観は何によって作られているのかや、どのぐらい確かめられているのかや、誤差とか、更に実際イラストのようなものを見た人はいない、等のことは目立たない。

・装置があればすばらしい結果がすぐに得られそうなことばっかり言ってない? それから新しく分かったことはすぐ宣伝するよね?
 そのことがどのぐらい確実なのかって情報無しに、新しい話題が一番重要なのだと言わんばかり。予算のために一般人を味方につけたいのか――科学の発展のためには大事なことだけど――一般向け科学情報としてのバランスはどうなんだろう? というより、どれに予算をつけるべきか考えとろ言われても、何を考慮して決めたらいいのかすら見当がつかないのだけど。

これらが科学の側の責任だと言うつもりはありません。一般人が受け入れやすい情報のパターンというのがあって、それに合っているものだけが広まるのだから、しかたないんでしょう。


…なんだか、受け側の私が怠惰なのだという気もしてきましたのでこの辺にします。

けど、まともな専門家へのアクセスってどうすればいいんだろうか…
一般人にも有益な科学のコミュニティーを見つけて活動するのも大変そうだなあ…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
素人の知識で、専門家モドキの嘘を暴くのは難しいし、逆に足を掬われかねないということは、私も気にしていたところです。
これについて、私は「消費者は慌てて飛びつかなくても損をしない」と教えています。
 ホメオパシーに本当にエビデンスがあって有効なら、臨床試験の結果も出て、いずれは普通の医療に取り入れられるはずです。そうなってから使えばいい(実際には、とっくの昔にダメ出しされている話だったわけですから、この先も望みはないでしょうけど)。他の新しい○○療法についても同じです。慌てて飛びつくとクズを引く可能性が限りなく高いので結局損をする、ということです。待っていれば専門家の手によって本物が残り、手に入れるための値段も安くなります。判断しないで放置し様子を見る、というのが案外有効な手かもしれません。

 科学について。ある分野だけが突出して進歩することは無いので、偏らないように予算を出すしかないと思います。例えば、二十世紀の生化学の重要な発見の多くは、生化学以外の分野の成果を利用することでもたらされています。仮に、生化学には予算をつぎ込むが他の分野は重要でないので放置、とやっていたら、生化学の成果も出なかったでしょう。
apj
2010/11/25 15:39
apjさん、コメントありがとうございます。

コメントをいただくことがなかったので緊張しています。

深刻な状況になったときに落ち着くのは難しいですが、自然のまま、もしくは百年以上前の医療で死んでもしかたないという覚悟をするぐらいなら、普通の医療は良いものだと思います。
honnya
2010/11/25 19:37
考え方の方向性は素晴らしいと思います。

ただ
ホメオパシー肯定側の論文110報の1つ1つに対して
精緻に査読、検証を行ったところ
「プラセボ(偽薬)」以上の効果は見つかっていません。
下のwikipedia の参考文献7番です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%A1%E3%82%AA%E3%83%91%E3%82%B7%E3%83%BC

また、よりわかりやすく
ホメオパシーの疑問について
定量的に議論し、検証を重ねた本に
サイモン・シン「代替医療のトリック」があります。
是非、読んでみてください。
C.Jack
2011/03/09 10:59
C.Jackさん、コメントありがとうございます。
方向性を認めていただけてうれしいです。

紹介いただいたものをチェックしてから返信しようとしていたのですが、震災関連の衝撃もあり、なかなか進んでおりません。

また改めて、コメントしたいと思っています。
この程度の返信をするのにとても時間がかかり、申し訳ありません。
honnya
2011/04/03 10:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
科学真理教――ホメオパシー問題で思ったこと (オマケ) 落ち込み女がはまった本たち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる